ゴルフスイング中に考えることについて

ゴルフ上達のワンポイント集。ダウンスイングでシャフトを後ろに倒すとクラブヘッドを加速させることができると共に、つかまった球を打つことができます。ゴルフスイングで最も重要な動作といっても過言ではありませんが、実践するのは難しく、これができれば上級者といっても過言ではありません。今回はそんなマジックムーブを身に付ける方法を紹介します!
Twitterで#ゴルフスイング動画に関連するツイートとみんなのコメントを見て、会話に参加してみましょう。ハンドファーストでインパクトとはコックを残したインパクトしなさいと言う事。ゆっくりなら誰でも出来るがフルスイングではヘッドの加速エネルギーで手首はターンしてしまう。それを止めるにはその筋力を使わなければ出来ない。日本人は概ね加速させる筋力は使うがコックを固定する筋力は使わない。
今回はシンプルに腕のローテーションの話です。 バックスイングをしていく中で多少のローテーションは含まれているものです、 なので「やった分だけでも戻す」ようにしないと元の位置にクラブは戻ってこずミスの原因になります! 久々にゴルフの練習をしたら右にばかり飛んでいく・・・と感じたら要注意ですよ!
テクニック(技)、タクティクス(戦術)、ターゲティング(狙い)の「3つのT」と、ショートゲーム(小技)、ストラテジー(戦略)、そしてスウィングの「3つのS」。プロゴルファー・中井学がゴルフの上達に不可欠な「TS3」を軸にレッスン。11回目は「テクニック」がテーマ。アマチュアゴルファー最大の悩み、スライスを撲滅するために必要なことを教えます。
ボールをしっかり掴まえて打つコツはアームローテーションだった!ゴルフは、振り方よりインパクトが大切です。インパクトから考えて練習すると最短で上達できます。今回は正しい腕の動かし方をご紹介します。