服装!正喪服と半喪服の違いと持ち物について

服装・持ち物
喪主が通夜・告別式で着用する服装は、“正喪服”か“準喪服”です。
喪服の格式には
・正喪服
・準喪服
・略喪服
と3つあります。
私たちが普段、通夜葬儀に着用しているブラックスーツは、ほとんどが「準喪服」です。
《正喪服とは》
男性 和装
モーニンコート
女性
和装
ブラックフォーマル
正喪服を着るのは、喪主と三親等までです。
それ以外の親族は、準喪服を着用します。
男性の正喪服の和装の場合:
・紋付羽織袴
・羽織は黒の羽二重
・五つ紋を着用(背中・両袖・両胸の5箇所に入った紋のこと)
男性の正喪服の洋装の場合:
・モーニングコート(モーニングコートは昼間の正装のため、通夜ではブラックスーツを着用とする)
・ネクタイ、ベスト、靴下は全て黒で統一
・ネクタイピンはつけない
女性の正喪服の和装の場合:
・黒無地
・染め抜きの五つ紋(染め抜き紋とは、紋方を白で染め抜いて表したもの)
・帯揚げも帯締めも全て無地黒色
・足袋は基本的には白(地域によっては黒色の場合もあるので確認)
女性の正喪服の洋装の場合:
・ワンピース、アンサンブル、スーツのブラックフォーマル
・洋装はなるべく肌を隠すようにし、夏でも長袖
・ストッキングは黒