カイワレ大根

シャキッとした歯ごたえに加えて、ピリッとした辛さのあるかいわれ大根。様々な料理のアクセントや彩りに用いられています。そんなカイワレ大根は、モヤシなどと同じで、いわゆるスプラウト食品です。もしもですが、収穫せずにそのまま育て続けたらどうなるのでしょう?気になりますよね!
カイワレ大根は大根になれるのでしょうか?カイワレ大根に使われる品種は「大阪四十日(おおさかしじゅうにち)」という大根です。珍しい名前ですよね。種から発芽したばかりのものを収穫します。そうすると、カイワレ大根となります。でも、実は収穫せずにしっかりと育ててみると、立派な大根に成長します。カイワレ大根は平安時代の書物にも登場するほどの古い植物。かなり古くから食べられていたとされます。漢字では「貝割れ」と書きます。実はこれは、双葉の形が口を開けた二枚貝のような姿をしているように見えるからです。
こんにゃくの豆知識を紹介していきますね!そして黒コンニャクは、ヒジキやカジメ、アラメと呼ばれる海藻を練りこむことによって作ります。古くはコンニャク芋の皮を入れることで黒コンニャクは作られていました。ですが現在は、このように海藻を混ぜることで作られているわけです